事前に情報を得る必要性

女性

どこでも同じではないクリニック選び

切らずに注射だけで手術でしか得られなかった美容効果を得られるボトックス治療は、全国にある美容整形外科クリニック等で受ける事ができます。美容整形外科クリニックはここ数年で多くなり、探しやすい反面どのクリニックが良いのか選ぶ事に悩まされます。感じ方には個人差があるので、自分の中で信頼できるクリニックで良いのですが、リスク回避の観点から一般的に選ぶ基準というものはあります。古くからあるクリニックでも新しくできたクリニックでも、美容整形は結局は医師の腕次第です。最新の設備があろうとも扱うのは医師であり、ボトックス注射の場合は薬剤である注入量を判断するのも医師です。副作用は薬剤であるボツリヌストキシン自体にはありませんが、世界中で報告される副作用には医師の注入量誤りや駐車場所誤りが挙げられています。注射だけで手軽と感じる利用者側ですが、注射は決して簡単な医療行為ではありません。ましてやボトックス注射治療の場合は筋肉に注入するので、他部位に影響を与えない様に正確に注射する技術も必要です。以上の事から、クリニック選びは医師選びとも言えるので、美容医療に携わった経験がどれ位かやボトックス治療の経験が十分かを確認した上で、親身になってくれたり相談しやすい医師か否かと段階を踏んで選択する事が大切となります。

ボトックス治療を受ける際には、前もってネットで様々な情報を得る事になります。今やSNSの発展に伴い、クリニックも必ずホームページを作っていますので、情報は得やすいです。設備や環境、事例を確認するのも大切ですが、注視するべき項目は在籍医師の欄です。大半のクリニックではホームページに在籍医師の紹介をしています。医師歴ではなく美容医療に携わった経歴が記載されています。ホームページを活用する事で、腕は確かなのかを確認する事ができます。ボトックス注射治療はボツリヌストキシンと言う薬剤を注入します。副作用はなく安全である事は厚生労働省も認めていますが、認めているのは唯一アラガン社製ボツリヌストキシン製剤のみです。正規品とも言われるもので、世界中で使用されています。現在はジェネリック製剤もありますが、厚生労働省は安全性を認めてはいません。正規品より安く同成分同効果なので副作用の心配はないとされていますが、安全性の裏付けは正規品よりは弱い面があります。ボトックス治療効果は半年程なので、効果持続の為には定期的に注射する必要があります。安いジェネリックは負担軽減策として有用であり、ジェネリックを扱っている事や、どのジェネリック製剤があるかもホームページで確認できます。

Copyright© 2019 美容医療の万能薬で得られる効果の基礎知識 All Rights Reserved.